<   2015年 01月 ( 43 )   > この月の画像一覧

明日 その日を迎え 再び 未来に向かって とりあえず 再スタートです。

この20年 人それぞれに ほんまッ 色んな事が有ったと思います。

あの日を忘れたい 人

あの日を忘れたくない 人

俺の様に あの日の事をベラベラ しゃべりたい 人・爆

まさに 人 それぞれです


今日 神戸には天皇陛下が来てたみたいで 道路と言う道路の信号が一斉に全て赤になったり 三宮はまさに厳戒礼状態・困

そんなことは はっきり言って 一般神戸市民には一切関係ない訳で・爆

申し訳ないけど ややこしいだけッ・困

その非常事態を避け 長田の例の店「スピード・ショップ F2」で オヤジと茶~シバイて暇つぶし・・・

そこで おもむろに オヤジが出して来た写真がこれです。

c0099564_19104367.jpg


全て 灰と化した 当時の倉庫の画像です。

茫然と立ちすくむ オヤジの姿が・・・悲

c0099564_19121841.jpg


c0099564_19123698.jpg


カンパニヨーラ・クロモドラ・FPSetc・・・
当時の輸入車用の高級ホイール・コニーの燃えカスです。

c0099564_19145117.jpg


何百本ものモモ製&ナルディー製のステアリングの残骸

c0099564_1917072.jpg


1分間ほどで 数千万円が灰に・・・

このオヤジ 当時50歳・・・・若いですね~ッ!
今の俺より 10数歳若い訳ですから・・・間違いなく 若いです・笑

一時は店を閉める事も考えたとか?

まあ ことごとく破壊された神戸の街で・・・

「この先 一体 誰が クルマに 金 かける??」 ですよね・苦

でも この オヤジ・・・・頑張りました!

俺に 言わせりゃ・・・・ 

「あんた ほかに 何が 出来まんねん?」
「ほかに 何か 出来まっか~?」

ですけどね~(失礼)

c0099564_1924774.jpg


あれから20年目の現在の「スピード・ショップ F2」です。

c0099564_1925196.jpg


すっかり ジジイになりましたけど 

すっかり 店の造りも変わりましたけど

そして 何より 神戸が そうであるように

でも こことジジイは・・・・昔のままです・嬉

そして この20年間で最も重要な事!

この オヤジ含め 神戸市民 皆・・・・ 

「自分で 自分を 褒めてあげれる 20年!」


この 店が無くなると 俺の青春も終わるような そんな 気がします。

★それと・・・・・

今夜 ある方から電話がありました。

震災以来 20年ぶりですかね・驚

電話の主は 俺の学生時代の友人の息子で 当時16歳くらいだったと思います。

その友人の家族は震災後 実は全員バラバラになってしまったんです。

理由は会社の倒産 

家族に残されたのは膨大な借金
(震災前に 自宅と店を新築し 店の上層階に賃貸のマンションを作り 家賃収入で返済を計画しました。問題はこの返済計画を立て 推奨したのは 銀行です・怒)

会社も新築 家も新築・・・

ところが その 数か月後に あの地震

たちまち 会社は経営難で 返済が滞れば 銀行は土地・建物を差し押さえ・苦

結果 俺の友人は失踪・・・

今も不明です。

で その 当時16歳だった息子から 今夜 電話・・・・

「〇〇さん 久しぶりです 俺 家 建てました!35年ローンでけど 母と姉と3人で 暮らして行きます!
保険・・・お願いできますかッ!」

涙が出ました。




たかが 20年 されど 20年

悲しみや 苦しみは 人の数だけある

幸せも 人の数だけある


がんばろう 神戸

がんばるしか 無いやろッ 神戸・笑


                                                      
PS

学生時代 よく行った

京都市上京区大原口町の「喫茶店 ほんやら洞」

燃えてもたやんけ~ッ・涙


                          


                                                             以上
by monza190 | 2015-01-16 20:20 | Comments(2)
NO-1



NO-2



NO-3



NO-4



NO-5



NO-6



NO-7



NO-8



NO-9



NO-10



NO-11




以上
by monza190 | 2015-01-16 08:43 | Comments(0)
何故か20年目にして 突然 思いついたかのように(そう 突然 思いついたんですけどね)

唐突に書き始めた震災ネタも・・・


あと 二日で終わります。


所詮 ジジイのおちゃらけブログですから 何の大義もございません


どうか お許しを・・・



ただ・・・・あの日 もしかして 死んでたかも解らんヤツが 今 こうして生きていて


「おまえ どうよッ?」 みたいな 神の声・苦

苦し紛れの マスタベーションだと理解していただければ ありがたいです。


c0099564_17115168.jpg


俺が思う神戸のシンボル 「神戸税関」

あの日 海岸通りに在る多くの石造りの洋館は ほとんど全て被災しました。

でも この神戸税関は倒壊することもなく 致命傷もなく 生き残りました。

たしか・・・昭和2年 1927年にこの場所に建ったと思います。

★思い出

俺が3歳くらいの頃 昭和29年

当時 オカンのお父さん(おじいちゃん)が外国航路の船長をしてまして そのおじいちゃんの船が神戸に入ると 必ずと言っていいほど オカンに連れられて この税関へおじいちゃんに会いに来ました。

何故 税関か?

おじいちゃんが外国で俺の為に買って来てくれた 色んなお土産の国内持ち込みの税関検査があったからです・笑

ちなみに 当時 俺にとって最高のお土産は 「体長50cmほどの南米の生きたオウム」でした・笑

オカンは難儀してましたがね・笑

そんな 思いでのある 神戸税関です。


現在 俺の事務所もこの近くでして・・・・時々 ここへ来ますが 

時は あの日から 止まったままです。

c0099564_21345421.jpg



今にも 船長服のおじいちゃんが 「生夫~ッ!」 ニコニコしながら 出てきそうです。

c0099564_1738143.jpg


神戸税関さん! 思い出を残してくれて・・・ ありがとう。


PS

で よくよく考えると 俺の現在の最高のお土産 黄色い993

1996年生(製)

あの地震の翌年に はるばる ドイツから日本にやって来たわけですね

どえらい時に 来よったな~・笑

                                                       以上
by monza190 | 2015-01-15 17:40 | Comments(6)

生き残った 喫茶店

c0099564_11323632.jpg


もう 一軒 生き残った 喫茶店です。

店の名は 「喫茶 くろんぼ」

場所は 神戸市役所・フラワー道路と東のポートライナー線の間くらいかな・・・

オフィス街の裏の小さな路地にひっそりとあります。

この 店も奇跡的に生き残りました。

この店から30mくらい西の神戸市役所が全壊だったのに・・・・奇跡ですね。

「くろんぼ」・・・俺が初めてこの店に行ったのは 確か25歳くらいの時かな

ここも かれこれ 40年ですわ。

ありがたいことに 公私共に お世話になっています・嬉


当時(約40年前) 俺は「くろんぼ」の近くの とある印刷会社で働いていました。

まあ・・・働きぶりは ご想像通りで・爆

で 結果は ご想像通り 一か月くらいで クビッ!・爆

理由は・・・・ 

「仕事中に会社の前で自分のクルマを洗っていた(最悪)から」 らしい・苦

おまけに

近所だったので この「くろんぼ」で いつもコーヒーを飲みながら さぼっていたんですわ・爆

当然の結末で 私 ガキの頃 そんな常識も持ち合わせておりませんでした・笑


クビを宣告されたその日も「くろんぼ」へ・・・

当時は現在のマスターのお母さんがやっていました。

「あんた 仕事は?」

「クビッやて~」

「やっぱし・怒」

コーヒー代を払って帰ろうとすると

「仕事 クビになった子から 金は取られへんな~ 儲けたら また おいでッ!」


涙・・・・


最近 喫茶店って 少なくなりましたね。

コンビニであったり 自販機であったり  会話の無い 店であったり・・・・

確かに コーヒーが飲みたいだけなら コンビニで十分だし 自販機で用は足りる

そこに・・・ 

「何かしら ホッと する空気が有るだろうから・・・」 
「何かしら ホットしたいから・・・」

「あの マスターやママの顔を見たい 話したい から・・・」


俺は思います。

喫茶店も 紛れもない 一つの文化だと。

決して コーヒーを売るのが メインでは ございません。


これからの 時代 余計に・・・・ねッ

だから・・・「喫茶店」 なんですよね。


「喫茶 くろんぼ」 

神戸フラワーロード 東 北行 一方通行 北へ10m

もちろん 年中無休です。

PS

今日の神戸は 冷たい雨です。

誰かさん 同様 心に沁みます。

この 20年 色んな事が・・・・


                                                      以上
by monza190 | 2015-01-15 12:17 | Comments(4)

生き残った 喫茶店

c0099564_20401693.jpg


ここは 神戸・新開地に在る 「MATUOKA COFFEE」です。

新開地商店街

あの日 奇跡的に残った街です。

一本 東の筋には福原

柳筋 桜筋・・・

そう あの有名なソープ街です

私は これは ある種の文化だと思っています。

非常に人間臭い街です。

綺麗事は まったく何の意味も持ちません

まさに 本音しか通用しない そんな 街です

大好きな街です

この 店・・・

もともと 神戸・花隈に「喫茶・JUN」と言う名前で有ったのですが 27年前にこの新開地に移転してきました。

山陽電鉄/月見山駅の南にも もう一軒 同じ店があります。

その 花隈時代の「喫茶・JUN」に 私が初めて行ったのは 私が高校1年生の時でした。

当時 16~17ですから 半世紀近く 前ですね。

ツレ等2~3人で いつものように・爆 学校をさぼり 当ても無く 元町をブラブラしていて たどり着いたのが「喫茶 JUN」です。

マスターとママが居て 歳は私達より4歳くらい上かな?

ママがメチャクチャ べっぴんさんで よく学校をさぼっては その店に溜まっていました。
今 考えれば ドえらい ご迷惑をおかけしたと思います。

さらに ママに・・・・

「お姉さん 頼みがあんねん 学校へ電話して 〇〇の母ですが今日休ませて下さいって ゆうてえな~・願」 って よく 担任に電話してもらいましたね・爆

ほんま・・・非常識極まりない高校生でしたね。

しかも これらは全てバレバレで(当然)

オカンに「あんた えらい若いお母さん おんねんな・怒」ってねッ・笑

それでも いつも さぼって 店に行くと・・・

何故か 温かく こんなクソガキ等を見守ってくれ・・・

大人になってからも 何かとお世話になりっぱなしです。

ママは私の悪行の全てをご存知で・・・・苦

そんな私に いつも 言ってくれます。

「〇〇君 がんばと~やんッ!」 って・嬉

9年前の「オカンの葬式」にも 忙しいなか ママが来てくれ 顔を見た瞬間に それまで必死で堪えていた何かが 爆発したのを今でも鮮明に覚えています。 

かれこれ45年・・・・ 

未だに まったく 何一つ 恩返しは出来ていません。

実は こんなガキ等の兄貴みたいな存在だったマスターが10年前に若くして突然 亡くなりました。

このマスターも 黄色いS800に 乗っていました。

今は 息子と二人 店を継いで 頑張っています。

この 店 年中無休でっせッ!

私 ここへは 必ず 一人で行きます。

理由ですか?

私にとって 人生で もっとも 大切な場所だからです。

c0099564_2115890.jpg


で・・・・

今時 自家焙煎の 超美味しいサイフォン・コーヒー 380円

ごく最近まで 350円でした。

喫茶店とは?

憩 癒し そして 何より エネルギーを貰う!

これで 380円

頭が 下がります。




                                                      以上
by monza190 | 2015-01-14 21:36 | Comments(2)


こんな事も あったな~・苦

腹 減っとったな~

喉 乾いとったな~

寒かった?

覚えてないな~・爆




あの日 地震がおさまって 三宮から現在の嫁・爆(震災後入籍) の住んでいた芦屋へ向かいました。

当然 クルマは走れませんので 歩いて・・・

5時間くらい ひたすら 東へ 東へ 歩いたと思います

途中 倒壊した家の前で 何人も 何人もの人に・・・

「兄ちゃん この 下に 埋とうねん・涙 出したって~ッ! 頼むから 出したって~ッ・願」

見れば 手が見えてるとか 足が出てるとか・怖

でも 俺には 行くとこが有るッ・苦

行かな 後で 何 言われるか解らへん・笑

「そやッ こんな光景は見たくないから 国道を歩こう」

そう 思って 国道43号へ・・・

そこで 見たものは

国道43号の上の阪神高速が数キロにわたって 倒壊

高速から落ちたトラック・バスには まだ 運転手が乗ったまま

生きてるか? 死んでるかも 解らへん

人間って 恐ろしいですね  もう この頃には 神経が麻痺してましたわ。

そんなもん 知るかえッ! 俺には 行くとこが 有るッ・涙

ようやく 芦屋に着いて あいつのマンションの前

倒壊・・・・

ドアを開けて中に入ると

「ウェ~ンって 泣いとったな~・爆」

部屋の中は鉄筋がむき出し

「生きとった! まあ とりあえず 悪運の強い ヤツや・笑」

二人で 三宮に放置した自分のクルマまで また 歩く

ひたすら 歩く・・・

とにかく 我が家へ・・・・

途中 長田で二人は大火災に囲まれ 

「そんなとこに おったら ガソリンに引火するで~ッ」 なんて言われるし・困

結局 そこから西へは行けず

身動きもできず 長田港の岸壁の上で夜を明かす。

余震が 凄かった・怖


次の日の夕方 やっと 自宅にたどり着き(今なら クルマで10分の距離ですけどね・笑) 

この頃 


何となく 我が身に起きた 現実を把握する。

                                                           以上
by monza190 | 2015-01-14 10:39 | Comments(2)












今日 いつも暇な時は どちらからともなく 呼び出し合い 

一緒に 茶~シバク 友人と行きつけの喫茶店へ・・・・

ヤツとは もう 40年


友人 「今週やな?」

俺   「そやな~」


二人  「そやな~・悲」


ヤツも俺も 神戸で生まれ 神戸で育ち そして あの日を迎え・・・・

超短い ただ これだけの会話でしたが


実に 心 癒される 会話でした・嬉







                                                       以上
by monza190 | 2015-01-13 15:35 | Comments(6)



20年前は 携帯電話もお粗末でしたし

もちろん カメラ機能なんて・・・・ ありません

でも YouTubeには あの日の色んな出来事が 少しですが残されています。

残念ながら 多くの被災者が体験したこととは ほど遠い記事も 少しはあります。

そんな 中から・・・・

あの日 見たもの

あの日 そうだった 

あの日 そんな目にもあった

そして あの日 そう感じた

他人が残した動画ですが・・・







残念ながら ジジイに出来る事は これぐらいですわ・苦


                                                           以上
by monza190 | 2015-01-13 08:50 | Comments(0)
あと 5日・・・・「伝えること!」 ぐらい かな?・爆



たかが 20年

されど 20年


ふと 気が付けば 20年・爆


よくぞ ここまで 蘇えった


神戸
by monza190 | 2015-01-12 19:25 | Comments(4)

実は・・・・

何となく 落ち着きません・爆

あと 1週間で「20年目の あの日  1995 1/17 5:46am」を また 迎えるからです。






地震発生から3時間後 俺はこの画像のまっただ中に居ました。

この時点でさえ 一体 我が身に何が起きたのか?

まったく 把握 出来ていませんでした。

結局 我が家にたどり着いたのは 翌日の夕方でしたね。

それから 10日後くらいに 俺が見たのと同じ風景がYouTubeにアップされていました。



神戸の市民は自分も含め 着の身着のままの服装であの1月の寒さに震えていました。

でも その中に有った風景がこのYouTube動画です。

上下一流のアウトドアウェアーで決めた多くの人々・・・・

倒れたビルや燃えさかる家屋の前で 「ピース・サインで記念撮影」

ちょっとした テーマ・パークめぐりや観光気分だったのでしょうね。

怒りや 驚き を通り越して 情けなかった。

一方 何とか大きな被害を免れた我が家には 気が付けば友人ら4家族が避難し 共同生活をしてましたね。

毎日 みんなで水を汲みに行ったり ささやかな晩飯をみんなで分け合ったり・・・

まあ ちょっとした「タコ部屋・合宿状態」ですが・・・・


実は・・・・

これが けっこう 楽しかった!


★ 当時 「長田へ行けば ご馳走が有るッ」 って 噂は本当でした。

だからと言って 決してヤクザを肯定はしませんが・・・

今時の素人は ヤクザ以上に・・・・

たちが悪い!

と 言う訳で


2015年 当方 ますます ケセラセラで ございます・笑





                                                        以上
by monza190 | 2015-01-11 18:03 | Comments(0)

相棒の黄色いカレラとワンコ&ニャンコの共同生活


by monza190