「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

今月の27日に例のパラダイスで「930生誕40年」のイベントがありました。
日本全国から100台もの930が集まったそうです。

東は東京・埼玉・千葉・茨城
北は富山
西は福山・四国愛媛・徳島

関西圏はもちろん・・・みなさん ほんま 好きですね~っ! 私も 大好きです・笑

それなのに・・・私は その日は 行けてません・苦 非常に残念でしたが 仕方ありません・苦

でっ・・・・
下の動画はYouTubeにアップされていたそのイベントの動画です。凄いですね!
しかも この動画は・・・何と何とラジコン・ヘリから撮ったと言う事でそのラジコン・ヘリの性能・操縦技術にも驚かされました。



(フル画面で是非見てください)
我が家から程よい距離にある このパラダイスの所在地「志方」という町(村?)が いかに穏やかで 心地よく 空気もきれいで癒される場所にあるのか・・・動画を見ればわかっていただけると思います。

c0099564_1619469.jpg

930生誕40年 911がこの世に生まれて 50年!!

もはや クラシックな部類に入ろうとする空冷911シリーズですが・・・・

とは 言うものの 「俺より 若い~っ!」訳でして・・・爆

と 言う事は 乗ってる私は・・・かなりの「ビンテージ・モノ」て事ですね・笑

何故かタイミングよく とあるネットで見つけた「911ー50」のステッカー・・・

シンプルで解りやすいデザインです 何より気に入った理由は・・・内貼りなんです。

「Oyaziー63」って ステッカー・・・作ろうかな!・爆
c0099564_22473462.jpg

                                                          以上
by monza190 | 2014-04-30 16:27 | Comments(2)
今日はお天気も良く 仲間4人(うち嫁と嫁のオカン含む)で 天の橋立の「雪舟庵」でランチでした。
c0099564_1921169.jpg
c0099564_19211364.jpg
c0099564_19212767.jpg
c0099564_19214180.jpg

前日からの天気予報では あまり良くない予報でしたが・・・日頃の行いが良いせいか・笑 実に爽やかな新緑の綺麗な見事な一日でした。
もはや この「雪舟庵」(0772-27-1530)に関しては 何の説明も不要ですね。
店内から見る景色 料理の味 献立 お店の方の接客態度 そして お値段!!
全て どれをとってもここまでくる価値 有!です。

舞鶴道で我が家からなら2時間ですから・・・要は 瀬戸内から日本海まで2時間です。
c0099564_19303130.jpg

c0099564_19304111.jpg

まあ 正直 自分のオカンには 出来なかった しなかった・爆 親孝行ですが 嫁のオカンもたいそう喜んでくれ「来て 良かったかな!」でございます。
c0099564_19333892.jpg

嫁のオカンも満足げでして ランチの後は「成相山」へ上り 天の橋立を一望です。
c0099564_19371870.jpg
c0099564_19372827.jpg

その後 橋立のふもとの土産物街をぶらりぶらりと散策です。
海を渡ってくる風が実に爽やかで 気持ちの良い時間を過ごせました。
c0099564_19384346.jpg
c0099564_1939298.jpg
c0099564_19391890.jpg

c0099564_1940982.jpg
c0099564_19401965.jpg

オカン曰く 「こんなところは他にない!」

確かにツ! これは川では無く 海ですからね~・驚

水の透明度もかなりのもんです。
c0099564_19434579.jpg

この地域にお住いの方の家をよくよく見てると・・・「裏木戸を開ければ・・・・そこに この海!」

やっぱり 住みたい 海のそば!

改めて・・・・・ 「日本って 良いな~っ・幸」 でございました。

c0099564_195626100.jpg
 

                                                       以上                                                        
by monza190 | 2014-04-27 19:57 | Comments(6)
今年もまたまた やってきました 「誰が言ったか?ゴールドでないのに ゴールデン・ウイーク」

毎年 毎年 月日の経つのは早いものです。

去年の今頃は何をしてたか? 一年前の記事を見てみたものの・・・・

「何も変わってないやんけ~っ・爆」でした・笑

そんな日常が果たして良いのか悪いのか・・・きっと 来年の今頃も 同じでしょうね・笑
って 言うか 最近 そうありたいと 何故か思ってしまいます。

おそらく これって歳のせいなんでしょうね・笑

でっ 今日は出かける予定もなく ガレージで黄色を触って暇つぶし。

c0099564_18505491.jpg

普段 あまり掃除することなど無い フロント周りのお掃除です。
私の黄色 「ホイールは重たいけど・爆 少しでも軽く余分なものは省いて軽く? で カーペットは無し!」

これが幸か不幸か・・・先日 とある 行きつけのガソリンスタンドで おっさんが・・・
黄色に給油してる様子を見てて 「このクルマって タンク 前でっか?」

ところが この時点で無視をしてたらよかったのですが オッサン やたら興味津々 調子に乗り フロントのフードの中を見せてくれって・・・・
まあ 911に興味があるなら で 親切にもフードを開け 見せてやると・・・

「なるほど~っ そやけど この クルマ・・・ごっつい事故しとんな~っ」だって・苦

「オッサン・怒 なんで 見ず知らずのオッサンに そんな事言われなあかんねんっ・怒」
「わし 板金屋や この フロントの修正・ペイントのまんだら・パテのハケ跡・・・これは 修復跡やろ?」
おまけに 言うに事欠いて「ぶっ飛ばしてて 突っ込んだんか?」まで・・・。
c0099564_1931642.jpg

c0099564_1932912.jpg
c0099564_1934745.jpg

9年前に 「修復歴無し」で買った黄色・・・他の993のこんな場所を見たこともなく ましてや 他人のクルマのこの場所をを見せてほしいとも 言える訳もなく・・・

が・・・言われてみれば 確かに この 処理の仕方は 雑いっ。苦

若干 不安になり 993をよく知る人に・・「・実は・・・・」って 思い切って聞いてみました。
すると・・・「993は全てこうですよ。ここの塗装・パテ等が綺麗だったら 100%事故ってますね。それと 決定的に修復なしを判明する場所がここなんです」

教えていただきました!「ここを見れば 全てが解る」という 最大のポイントを・・・・。

結果 完全にオリジナルな状態で 無事故・修正・交換の形跡は皆無! でした・嬉

更に・・・その方曰く

「最近のクルマのように コンピューターで制御されたロボットが組み 溶接し 塗装したクルマしか知らないそんなオッサン・・・板金やか?知らんけど ほっときっ!古いクルマ 特にポルシェは製造過程で多くの人間の手作業が入り 入念に組み付けされ 溶接 塗装と かなりのハンド・メイドな部分がありますよ。結果 同じ993でもみんなどこかが違うんです。それを良しとする人がこの手のクルマを所有し 大切にする事にある種の意義を見出すんでしょうね。大量生産 大量販売ではないですからね。だから 最近のクルマって一台不具合が出ると その後 確実に大量のリコールに発展するでしょ!」

念の為 先日 パラダイスでザコ様にも見てもらいましたが 同じ意見でした。

しかも「最大の重要ポイントの見分け方」まで同じでした。

それは 「言えません・笑」
c0099564_19425225.jpg
c0099564_19431283.jpg

c0099564_21514617.jpg

例の「シュワラスター・ゼロ・ウォータ」のおかげでボディーの掃除はメチャ楽です。
でも ボディーばかり綺麗にしても・・・で 今日は室内もお掃除です。
c0099564_19475023.jpg

ボディーや室内が綺麗になれば 気になり目立つのが・・・リア・ウインドーの内側の汚れ・爆
c0099564_20163093.jpg

993の場合 このリア・ウインドーの内側を綺麗に拭くのが大変なんです。
まず 狭い・低い・遠いetcで 黄色はリア・シートを外しRSカーペットを敷いいているんですが・・・それでもここに潜り込んでリアガラスの隅々まで綺麗に拭くのは・・・大変な重労働です。

最近 若干? メタボ気味になり 更に・・・大変です・爆

一日も早く連休が終わり 空いた道路に戻ってほしいですね。

                                                            以上
by monza190 | 2014-04-26 20:09 | Comments(2)

もう一度・・・

とりあえず モヤモヤは少しおさまりました・爆

で・・・私の場合 おさまったからには 更にそれを強固なものにしておく必要がある。

何故なら 一度決めると一切 振り返らないタイプの人間だから・・・

思い出は思い出として残りますが それは単に思い出なんです。
いたって タンパクな人間なんです。

話が飛びましたが 今日はフリー!!
ここぞとばかりに 今の気持ちを固めるために いつもと違う乗り方で黄色に接してみることに・・・。

それが 吉と出るか 凶と出るか・・・凶と出たなら 黄色とおさらばです・笑

で・・・恰好重視の超シャコタンからある程度のストロークを稼ぐがごとく車高をアップ!!
上げたり 下げたり ほんと 友人のショップには無理を言いっぱなしです。
それが証拠に 今朝電話すると・・・「毎度!車高でッか? 今ならリフト あいてますよ」だって・笑
完全に読まれてます。

「まあ車高もやけど 減衰力の調整も・・・・」

てな 具合で車高をアップして 更に減衰力を上げる

そして あてもなく ひたすら 山の中へ・・・Tips・マニュアルモードで2速 3速 時には1速・・・
減衰力を上げたせいで 若干 硬いがストロークが増しているので かなり 余裕?

「長いこと こんな 乗り方・・・してないな~っ」

「Tipsと言えども それなりに かなり 楽しい」

「忘れていた この 楽しさ」

「黄色がダメなんじゃなく 単に俺が歳老いただけ・・・」だと痛感し 黄色はあの日のままの「欲しかったスピードイエローのカレラそのもの」で ございました。

午前中に家を出て ふと時計を見れば3時半・爆 ガソリンも一気に無くなり 俺の腹もペッコペコ。
やたら暑いと思い 外気温度計を見れば26度 木陰に止めて初めてその暑さに気づき どっと 疲れが・爆

あまりの暑さに1年ぶりにエアコンのスイッチをオン・・・ところが どうも おかしい?
冷気が出たかと思えば ぴたっとファンが止まる しばらく止まって 異様な音で回りだす・苦

やはり 古いクルマ エアコンもついにアウトか?アウトなら夏に向けてまた出費・・・。

どこをどう走ってここにたどり着いたのか 落ち着いて考えると ここからパラダイスまではそう遠くないかも?

で またまた 道も解らぬまま南へ 南へ・・・そして 何とかパラダイスへ到着です。
c0099564_8564613.jpg

ザコ様に説明し 見てもらうも 原因がはっきりしない。
993によくあるエバポには問題なし コンプレッサーも問題なし 出てくる冷気もかなり冷たい
で ダッシュに有るエアコンのコントロールボックスをたたくと 回ったり 止まったり・・・

よく見ると オートエアコンの温度センサーの中にゴミがちらほら・・・
「これやでっ! ここ ゴミだらけやでっ!!」 でコントロールボックスを引き抜くと 裏の配線のコネクター辺りがホコリだらけ 結果 原因は接触不良でした。
c0099564_8571368.jpg

コネクターの接点を掃除してもらい 裏にたまったほこりをエアーで吹き飛ばし 接続・・・

「治りました~っ 完璧 問題 無しっ!」
ちなみに 今日のザコ様のこの作業 全てボランティアでございます。ありがとうございました。
c0099564_8573488.jpg

忘れていた「きちっと見てやれば きちっと動く」

日々 気づかないうちに 古いクルマと諦め 冷め 結果 移り気・爆 

そして そんな乗り方をしていた自分をちょっと反省

「ダメですね~っ」な 今日 一日でございました。

もちろん帰りは高速でバビュ~ンっ!でしたが・・・

「この手のクルマ 直線ではクルマとの対話は出来ません」 ちゅうこっちゃデス・笑

☆しつこいようですが「オヤジ殺しの964RS」・・・・出来るものなら殺されてみたい!


まだ 少しですが 気にはなります どないやねんっ・爆

                                                          以上
by monza190 | 2014-04-24 21:57 | Comments(7)

忘れていたもの・・・

黄色を手に入れて はや 9年・・・

色んな事がありました。

知ってる人は 知っている・・・・「私が黄色を手に入れた理由」

しかし それすら忘れかけていた自分・・・ 

ネットをさ迷っては 964・RSは どうよ? ケーターハムって 凄いのかな? 

まるで 人の意見を読んで自分を変えさせる材料探しみたいな・・・。

そんな時 あろ御仁のブログのコメントに出会いました。
その方も 色々 悩み まさしく「縁」あって993を手に入れた訳ですが その方の「993が納車された日」のコメントを読んでいるうちに 9年前の「黄色が納車された日」を思い出しました。

以下 長文ですが その方のブログからの抜粋です(無許可です・爆 何か差し障りがあれば 削除いたします)
c0099564_17173879.jpg

(主文と画像は一切関係ありません。)

この 993の画像を載せた意味
「スポーツ・カーに必要最低限のモノ・・・エンジン・マフラーサス・キャビン・ライト等をシャシーに載せ線で囲めば・・・こうなった! それが 結果として とてもキュートで愛らしいカタチに・・・・」
まさに それは・・・何も足さない 何もひかない これぞ 993の究極の「カタチ(デザイン)だと思つたからです。

993納車の日

いざ納車となった。
納車は仕事の都合もあり退社後、都内のホテルの駐車場でということになった。
5時で終わるはずの会議が長引く。
焦ってはいないつもりだったが会議に身が入っていたとはいえないだろう。
会議が終わるとさらりと抜け出してお店の方と待ち合わせているホテルへ向かった。
お店の人はもうとっくに来ていてロビーでボクを待ってくれていた。
まじめで信頼のおける方だ。

まず車を確認するため地下の駐車場に降りる。
ガラスコーティングが効いていて、地下駐車場のライトが黒い車体の上できらきらと反射している。
外装は良い仕上がり、前後左右細かく観察する。
まず、外装には問題ないと見た。
納車の時は自分も間違いなく舞い上がってしまうと思ったので予め順序を整理しておいた。
外装⇒内装⇒電気系統⇒エンジン関係。
大事なエンジンを差し置いて電気系統を先に持ってきたのはエンジンのブルルンと言う鼓動を聞いた瞬間に感動して全てが問題なく見えてしまうだろうと考えたからだ。
実は電装品はチェック項目が多い。
ライトからワイパー、エアコンなどトラブルと面倒な事になりがちだし、パーツを待つ時間や、コストがかさむ場合も少なくない。

一応の点検項目を済ませ問題ないと見た。
本当はここで一緒に乗ってもらって試乗するのがベストだと思ったがその日の朝に車検をし、ナンバーをつけてもらうために100kmほど走行しており間違いなく問題ないというお店の方の言葉を信じた。
実は、最初に動かす時はひとりでじっくりと味わいたいと思ったというのがホンネではある。
しかし、冷静に考えればそれでも同席していただいての試乗は行なうべきだと思う。

一階のロビーに戻り、いろいろお話をして車検証の類を受け取った。
キーが一本しかないのが不安だったが予めスペアのブランクキーを1セット準備しておいたのであとで切ってもらうことにする。

さて、ひとりになった。
今から地下駐車場に降りて行き、改めてイグニッションをひねる時が来る。
ずっと待ちに待った瞬間だ。
やはり納車は一人に限る。
自分と車の関係に集中したいからだ。
人がいるとどうしてもその人の評価が気になるし、時間を気にしてしまう。

地下に下りて一歩ずつカレラに近づいていった。
カレラは少し薄暗い駐車場の隅できらきらと輝いてたたずんでいた。
ボディーカラーはブラックメタリックなので漆黒とは少し違う。
黒はソリッドの方が間違いなく美しいが微妙な光の当たり方でグレーに見えてしまうあたりはなかなかよい感じではないか。

高性能スポーツとはいえこんな愛嬌のあるデザインのスポーツカーがほかに有るだろうか?
よくドイツ製品に言われるような「機能美」とはちょっと違うような気がする。
ポルシェファンには怒られるかもしれないが外観には研ぎ澄まされたような感じはしない。
エンジンに至っては「いろいろやってたらこうなっちゃいました」的様子で最近流行のデザインもなく、フェラーリの赤いカムカバーやアルファのインテークマニホールドのような演出もない。
先入観無しにポルシェのエンジンを見てうぉぅこれは高性能エンジンだなぁ、とはだれも感じないのではないだろうか?

外観デザインをボク風に解釈すると、「RRレイアウトのシャシーに最低必要数の人間が乗れる箱を載せて、不要な部分を熱湯かなんかで溶かしていったらこうなりました」といった感じ。
と、言ったらポルシェ党の方からぶん殴られるだろうか?
カレラの皮の下にはフロント下部のオイルクーラー、上部のライトから始まり、サイドにはオイルラインやハーネスが走り、リアの膨らんだ部分にだって全く無駄なスペースなくサスペンション、エグゾーストシステムなどがぎっしりといろんなものが詰まっている。
つまりライト、キャビン、エンジン、マフラー、サスと言った物の形を最小限に囲んで線を引くとこうなってしまいましたというのが現実ではなかろうか?
するとこれは機能美云々と言うより必要なもののみがありますと言う事だ。
しかもそれが結果としてとても愛らしいデザインに仕上がっているなんて、なんと素敵なことだろう。
ボクはそういう風に彼らのデザインに納得をした。

ドアロックをあける。
シュワっと言う音と共に両側のロックが解除される。
屋根のラインが低い、小学3年生くらいの身長だろうか。
写真で見るとそのグラマスなラインのせいかなぜか大きく見えてしまうのだが、寄ってみるとかなりコンパクト。
これはポルシェの美点のひとつだと思う。
ボクはスポーツカーは小さくあるべきだと思っている。
大きなスポーツカーはたくさん有るし高性能である事はわかるが「スポーツ」カーなのだから自分がスポーツできる範囲の大きさでなければならない。
ボールにあたりやすいからと長さ2m半径20cmのバッドを持つととても振れそうにないし、ラグビーをする時に鉄の鎧を着るのもナンセンスだろう。(大げさか。)

シートに腰を下ろす。
足に合わせると少しハンドルとシフトが遠い。
欧米の人は特に手が長い。
ブルックスブラザーズなどのシャツを首廻りに合わせて買うとたいてい胴回りと袖が余る。
何とか妥協ポイントに達するがやはり3速5速と行くにしたがって少しだけ気になる。
シートは小ぶりだ。
サポートはイマイチ。
しかし今となっては化石のようなこのコンパクトなハイバックシートはちょっといい感じ。
革は少しだけ荒れているかな。
明日にでもクリームを塗ってあげよう。

決してしゃれてない、かっこよくもないインパネだが機能は揃っている。
いかにもエアバッグが入ってますと言う感じのハンドルもあまりスポーティではない。
当時でも1000万級の車としては最高に「ちゃち」な内装だろう。
古めの大衆ヨーロッパ車を乗り継いできたボクにとってはこういう感じは受け入れやすい。
決してスポーツ気分を盛り上げてくれるデザインとは思えないが、クラッシックで、シンプルで余計なところに気を使わせない良い感じ。

右側のドアまでも簡単に手が届く距離。
取ってつけたようなフロアコンソール、最低限のクッションと背もたれの付いたリヤシート。
あくまで実用然としたものだ。
ヘッドライトの山は見えない。
視界は良好。

エンジンが後ろに有るのをイメージすると、自分の尻とカレラの尻と縦に二つのしりが並んでいるような変な錯覚を覚える。
不思議な気分だ。

エンジンをかけてみる。
左手でのスイッチ操作はこれも不思議な感じ、昔のあのドライバーが走って車に乗るスターと方法に便利なようにとの話を聞いたが、なかなかポルシェオーナーを喜ばせるストーリーかも。
先にナンバーを付けに100キロほど奔ってきたようで、一発でかかり、アイドリングは安定している。
まだエンジンが暖かいままのようだ。

キーをひねると低い咆哮が一瞬有りその後ばらばらと特有のアイドリング音に変わる。
正直言ってさすが空冷か雑音が多い感じだ。

薄暗い駐車場の中ではカレラのエンジン音が響く。
好き嫌いはあると思うが聞くからに高性能という感じではない。
ただ、なんともクラッシックで味わいのある音だと思った。
踏み込んでいった時の音が楽しみだ。

地下駐車場からのろのろと出た後ホテルの前の道をローでのろのろとUターンしてからストレートで踏み込んでみる。
若干調律不足のようなバラバラとした音がどこからかギューンと言う金属的な音質と重なりチカラがみなぎった濃い音になっていく。

一速は味わう間もなく吹け切り、セカンドへ。
クラッチは意外とスムーズにつながり密度の高い音が継続する。
この時にはもう法定速度を超えているはずで前車のライトがみるみる大きくなる。
サードに入れたときにはもうアクセルを踏んでいなかった。

せっかくだからと言う事でレインボーブリッジを廻ってくる事にした。
西神田から上がって湾岸線へ、最初はちょっとだけ流れが悪かったがすぐに前が開いた。
残念ながら少し小雨がぱらついているが、セカンドまでシフトダウンして引っ張ってみる。
息の長い加速と言うよりは中間のトルクが充分にあるためかこの加速時間の短さはなんとなく不満である。
それは速いと言う事ではないかと言われるかもしれないがあと1000回転上が欲しい機がする。
エンジンは最高出力の6100回転を超えても充分に廻ろうとするから6800回転まで簡単に吹け切ってしまう。
ちょっともったいない感じだ。
音も5000回転あたりからやっと雑味が薄れ金属音が表に出てきていい感じ。
その時の音は緊張感があり独特のいい音。
ポルシェファンはこれでやられてるんだナァと少しポルシェを理解した。
エアクリーナーやマフラーを変えたりするともっと吸排気音が楽しめるのかもしれないが今すこしノーマルで楽しんでみることにしたい。

コーナーをゆったりとしたスピードで廻りハンドルの切れ具合やグリップ感などを味わうように走った。
ボディー剛性は有るがまだこのレベルの走りでは味わうことはないが、高速の継ぎ目のハーシュネスなどで不要な振動はなく、体の割には大きな18インチタイヤを履きこなしている感じ。

路面感覚は想像よりずっとマイルドだと思った。
正直言って想像していたほどクイックで路面感覚バリバリと言う感じではなかった。
以前プジョー205GTIやフィアットリトモ130TCなど重ステの車に乗っていたのでそれと比べてしまっているのかもしれない。
ま、これは進化というべきか。
ひょっとしたらダンパーがへたっているのか?
でも、段差や若干うねりのあるコーナーで変な動きをするわけでもないし、納車前に見た写真ではダンパーオイルの漏れもなく、各ブッシュ類もとても綺麗な状態だったのであまりひどい状態とは思えない。
多分もう少し攻めて行く時にはちょうどいい感じになるのかもしれない。

レインボーブリッジに差し掛かって夜景が見え出した。
いつ見ても東京の夜景は素晴らしい。
雨が降ってもなおいい。
東京を愛する瞬間だ。

ふとメーター類に目をやるとオイル残量がレッドゾーンに入っている。
急に不安になりゆっくり走ってみる。
ついに気が気でなくなり高速を降りてコンビニの脇に車を止める。
しばらく待つがまだ、針はレッドゾーンに入ったまま。
ついにエンジンを止めてまずミネラルウォーターを買ってごくりと飲み込み緊張気味に電話した。

そうだそうだ、本で読んでたんだ。
走行中は正確な油量を示さないのでエンジンが温まってオイルクーラーが開いている状態で停止して見るようにと。
停車しても戻らなかったのはなるべく惰性でさらっと運転していたのでオイルクーラーが閉じてしまったからだろう。
やはりすこし舞い上がっていたようだ。
恥ずかしい限りである。

駐車場に車を止めてまじまじと眺める。
まだあまり実感はない。
なんだか借り物のようだ。
本当はいろいろ開けたり閉めたりいじったりしたいのだが、少し緊張気味だったし、まだ取説も読んでいなかったので今日は早めに引き上げる事にした。

夜には予め頼んでおいたものが届いていた。
早速開け散らして中身を取り出す。
新しいフロアマット。
アクセルとブレーキ、クラッチペダル。
ボディーカバー。
キーホルダー。
各種洗車用品などなど。
これはなかなか楽しい。
こうしていろんなものを開け散らしたり、説明書を読んだりしながら納車一日目の夜が更けていった。

☆ 
9年前のあの日の感動をこの方の文章を読むまで もう すっかり忘れていました。
おそらく 彼のこの文面に 遠い昔や極最近 同じ想い・感動をした人は少なからずいらっしゃると思います。

私は彼ほどの文才もなく 観察力もなく 得もすれば 993のクルマとしての魅力すら忘れかけ・・・・

「妙な移り気」にはまってしまっていたことを深く反省しました。
c0099564_21183463.jpg

「黄色い993」に・・・・・ 謝らないといけないですね・笑 
c0099564_10412588.jpg


                                                        以上


 
by monza190 | 2014-04-23 17:27 | Comments(2)

海へは 行けず・・・

今日も 若干ですが 仕事で西へ・・・しかも 黄色で!

と 言う事は 「大した仕事じゃございません・爆」と言う訳で

西の用事はさっさと終わらせ 時間も有るので 次は北へ・・・

北へ行くなら 寄ってみたくなるのが いつものパラダイスです。

とは 言うものの 黄色の調子は絶好調ですので 別段 用事もない訳でして・笑

c0099564_20355252.jpg


でッ 前回オイルを変えてから 2000Kmは走ったし オイル・レベルのメーターも少しは下がってるし・・・

かと言って 全交換の時期にはちょっと早いし・・・

ってことで 少ない分だけ 足してもらうことに・・・(私の予想では1Lは不足かな?でしたが)

オイル消費量は2000Kmで0.5L・・・ツーリングなどでそこそこ飛ばしたわりには優秀です。

c0099564_172579.jpg

パラダイスのパーキングに車検の為のメンテで停まっていた「964・RS」
最近 何故か この手のスパルタンなクルマに惹かれます。

私 思うんです・・・「これは 歳のせいかも? 取り戻せ青春!」みたいなねッ・笑

やはり 見てくれ重視の黄色い素カレラとは 放つオーラーが違います。

c0099564_1731387.jpg

c0099564_17324150.jpg

何だかんだと 移り気気味の春なんですが・・・

告白します! 狙ってるブツは 理想は「ケーターハム・BDR/500R」
それが 無理なら せめて 1700SS・爆

c0099564_1821128.jpg


ただ ふと考えてしまうのは・・・「ちと 危険かも・怖」

自分を納得させる為か? はたまた 諦めさせる為か? BASSへ向かう途中で黄色をパチリッ!

ア~ッ・・・この4月  また 一つ 歳を取ってしまいました・笑

ケーターハム・・・ゲットするなら たぶん? きっと? 絶対? 早い方がッ!(少しでも若い方がッ) って・・・・ 

バカですね~ッ・笑

                                                         以上                                                         
by monza190 | 2014-04-22 17:52 | Comments(7)

Sunset

4~5月・・・
(ゴールデン・ウイークは絶対ダメですが)
この時季の神戸 時に夕方 海沿いのルート2を黄色で走ると最高に気持ちの良い季節なんです。

スライディング・ルーフから入ってくる 空気の匂い 潮の匂い それと 何より 空冷サウンド

そして フロント・ウインドーからは瀬戸内海に沈む夕日

もう これだけそろえば・・・私の場合

「たまりまへんわ~ッ! 他には何もいりまへんッ! まさに これぞ この世の極楽!」

「どこどこまでも どこまでも バビュ~ンッです・笑」

ただね~・・・涙

残念なことに 週末になればお天気が崩れたり 野暮用が出来たりで・・・

お気に入りの「黄色で走る海沿いのルー」ト・・・・未だ一度も走れていません・苦

で・・・・いつものごとくYou Tubeで見つけたこんな動画に ムズムズしてしまいました。

残念ですが今週も野暮用です・笑


☆私 Ferrari乗りじゃ~ございませんが 夕日と海が見えると・・・3000rpmキープで走っちゃいます・笑
by monza190 | 2014-04-21 16:24 | Comments(6)

業務命令で・・・

昨日 は淡路へ行ってきました。
c0099564_133573.jpg

何故 淡路か?

その訳は・・・うちの事務所の大ボスの奥さんが淡路の某酒蔵の娘でして 淡路で行われる春の祭りで この酒蔵の前でだんじりや御はやしが行われると言う事で行ってきたんですが・・・

何故 業務命令かと言うと・・・
大きな屋敷の前で御はやしやだんじりが行われると言う事は おそらくこの酒蔵含むこの家は昔からこの地では明主?だったのでしょうね。
ただ 昨今の世の中・・・土地土地の祭りは受け継がれてるものの その様子を見るギャラリーが集まらない・爆
この家の主人は祝儀や酒を振舞うものの やはり それらを見るギャラリーが居なければ絵にならないですよね。
それで 業務命令で「来いッ!」ってことなんですわ。
c0099564_1314197.jpg

c0099564_13144476.jpg

この家も例の阪神淡路大震災で被災し 母屋は新しいですが敷地内のあちこちには酒蔵の雰囲気が残っていました。
c0099564_13175436.jpg

c0099564_13184554.jpg
c0099564_1319235.jpg
c0099564_13191940.jpg
c0099564_13193194.jpg

こういうのって 街に住んでる我々には珍しく 業務命令とは言え「来てよかった」とは 思いますが・・・・
率直に言って「もったいない 惜しい」

せっかくやるなら もっときっちり企画・運営をやれば もっともっとギャラリーは集まると思うのですがね~。

御はやしは「浄瑠璃くずし」と言うらしく 太鼓や拍子木に合わせ全員で歌うツレ節で中々のモノでしたね。
それゆえ 余計に「もったいない 惜しい」ですね。
c0099564_1325266.jpg
c0099564_13253825.jpg

来年は一言行ってくれれば もっともっとギャラリーぐらい 集めまっせ~ッ!
頑張ってください。
by monza190 | 2014-04-20 13:27 | Comments(4)
まあ 私のように60数年生きていれば いろんなヤツと出会いますわな~ッ・爆

おもろい男も居れば しょうもない男も居ますわ(失礼)

でも おもろい男ほど 何故か人生に浮き沈みがあり ふと 姿を消しよる・淋

そんな 消えたおもろい男のうちの一人から 今日 連絡がありました!

その 男は・・・そうですね~ 今から10年以上前でしょうか? 世の中 バブルも終わりかけでクルマが好きな男達の間で「超ドイツ車ブーム」が起こった時季です。

関西では そんなヤツ等の間では知らない者は居ない「某・輸入車ドレスアップの店」のオーナーだったのですが・・・。

大きな店で修業し やがて独立し その独立した小さな店の時から私はそこに入り浸っていました。それが見る見る大きくなり やがて 「ドイツ車乗り達の憧れの店」となり・・・そりゃ~大儲けしたと思います。

でも その彼が突然 姿を消して・・・10年あまり?

今日 連絡がありました。

新たに 事業を起こしたとか? やっぱり おもろい やりますな~ッ
要は 他人に使われるのが難しいタイプと 言う事ですわ・爆
c0099564_15303354.jpg

その当時私が乗っていた「Audi A4 V6/2.4 Tips」です。

ホイール&タイヤ・シート・エアロ・サスペンション・ライト・マフラー・エンジン・・・etc
ご覧のように改造しまくりでしたね。

実は・・・私 このクルマを買うちょっと前まで「うつ病」でして・苦
「うつ病」ですので 仕事もしてないのに 金も無いのに クルマを買って・・・
おまけに そのクルマをとことん改造しまくって おかげさまで 全ての憂さをこれで晴らし・爆
私は無事「3年間の地獄のうつ病生活から脱出いたしました・笑」

でも 当時の医者・・・・今に思えば「超やぶ医者」でしたね。

その やぶ医者 曰く 「こいつ 間違いなしに リストカットの可能性 大 よって 即入院!」だって・・・・

うつ病ながら そんな医者は こちらで無視して・・・・
その後 神戸・新開地の歓楽街にある「シャブ中専門医?」みたいなところにたどり着き・・・

「それは びっくりするくらい 変な病院 変な医者」に 見事 救われた訳ですわ・笑

だから 余計に その時代の「おもろい男」には 会いたかったのでしょうね。
私も 彼には世話になりましたからね~ッ。

それと もう一人 おもろい男・・・

仕事の事で悩んでいました・苦

俺と違って 真面目?な考えですので 私の「ケセラセラ思考・爆」は ちょっと無責任すぎて まったく彼のアドバイスにはなりませんでした・・・申し訳ない。

でも 結果 彼流の「ケセラセラ」で 何とか 良い方向に解決したらしく 転勤先の東京から・・・

「仕事 辞めて神戸に 帰る!」とか・爆

やっぱり おもろい! 「中々 ヤルじゃんッ!・爆」

そんなヤツ等と おそらく 「一方的で身勝手な苦労話を酒の肴に・爆爆」 一杯 飲むのが・・・

楽しみです。

いろいろ 有るのが 人生ですし・・・それこそが 生きてる「証」です・笑

但し おもろくない男は 絶対にマネをしないでくださいね・笑
(注・この おもろいの意味・・・解っていただければ幸いです)

                                                      以上
by monza190 | 2014-04-15 16:20 | Comments(6)
c0099564_20445275.jpg
c0099564_2045498.jpg
c0099564_2045156.jpg

みなさん 一生懸命 安全に走ってきたので・・・おなかはペコペコです。
c0099564_20471611.jpg

「フロッシュ御一行様」・・・もちろん 貸切です。
c0099564_2048432.jpg
c0099564_20482389.jpg

c0099564_2049317.jpg
c0099564_20494865.jpg
c0099564_2050635.jpg
c0099564_20502525.jpg

窓からは琵琶湖が一望できるステキなレストランです。
メニューは中華!当然 アルコールは飲めませんので ノンアルコール!で 乾杯です。
肝心のお料理は 食べるのに夢中になり 画像は一枚もございません・爆
c0099564_20535444.jpg
c0099564_20541171.jpg
c0099564_20542873.jpg

レストランの横は ヨット・ハーバーです。桜・・・満開です。
c0099564_20561688.jpg

食事の後は ホテルのバス3台に分乗して「長浜の黒壁の町」を散策です。
c0099564_20582381.jpg
c0099564_20583713.jpg
c0099564_20585655.jpg
c0099564_2059927.jpg

長浜って初めて来たのですが・・・何やら 懐かしい感じの町ですね。
今日はちょうどお祭りで 沢山の人で賑わっていました。
c0099564_2115860.jpg
c0099564_2121431.jpg

町をブラブラした後はホテルに戻り・・・三々五々 現地で解散。

あっという間に 実に楽しい一日が終わりました。

いつも思うんですが・・・このパラダイスに集う人達って 「ポルシェが好き」 ただ それだけの共通点で 色んな所から集まってくるんですよね。

その共通点だけで これだけ 楽しく みんなと 一緒に ステキな一日を過ごせるなんて・・・・。

それは どんなポルシェであっても それを手に入れさえすれば 出来さえすれば このパラダイスへの入場券が自動的についてくる!

ポルシェとの出会い 仲間との出会い この出会いに 乗るか 乗らないかは・・・あなた次第!

フロッシュの仲間・・・お勧めですよ。

そして その為の人生は 間違いなく 一度っきりです!

c0099564_21215868.jpg


帰り道・・・・神戸まで 山陽道で来た道を帰るのか?名神で阪神高速経由で帰るのか?

我が家では Dinoも待ってる キャ~ッ子も待ってる ポルも待ってる 帰りは バビュ~ンと行けそう!

但し 明日は仕事・・・・か~ッ?・苦

                                                        以上
by monza190 | 2014-04-13 21:21 | Comments(8)

相棒の黄色いカレラとワンコ&ニャンコの共同生活


by monza190