<   2006年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

クラプトン。

11/15、大阪城ホールでの、クラプトンのライブの日なんです。
当然、S席で、見に行く予定です。・・・がっ・・来ました~「免停講習・11/15」まる一日かかるそうで・・・。
当然クラプトン優先ですんで、講習が変更できないか、TELで問い合わせました。

結局2日延ばして11/17で、可能なんですが・・・・やはり・・「あいつら(試験場の人間)、ものの言い方、知りませんね~」

私、過去に「免許取り消し」は、一度ありますが・・・ここ10年ゴールド免許2期更新なんですよ。
だから、免停講習は何十年ぶりなんですが・・・やつらの対応、何十年、何の変化も無い!ってことでしょうね。

先日もニュースで罰金の使い道(違反しといて、言えたガラでは)と、入ってくる金額のすごさ!!!それにもまして、翌年の罰金収入の予算???が組めてるって????

私、決して「反体性」の人間では、ありませんが・・・これは、おかしい!
by monza190 | 2006-10-30 18:48 | Comments(5)

住みにくい。

PSNから、連絡。フロントガラスの次期入荷予定は11月中ごろらしです。しかも、製品のクオリティーが悪く・・・PJ(ポルシェ・ジャパン)で、再チェックしないと、出せない。

こういった会話の中で、PSNのスタッフが、「高速道路はよく使用しますか?」
聞かれた、こちらは一瞬戸惑いながらも、「はい・・・」「ポルシェの性能に大金を払っているんでっせ」

ということは・・・993にお乗りの方、高速道路では、そのポルシェの性能を、味わってはまずいですよ。飛び石で割れるのは、しかたがない・・・。でも、そうなってしまうと、ここしばらくは、フロント・ガラスが入手しにくい状態が、つずきそうです。

確実に並みの車の1,5倍くらいの速度で、石??が当たる。当然、割れる。
だから、ガラスの在庫を確認してから、楽しまないと・・・・。

しかも、私のように、前に車がいなくても、対向車線から?これは、どうしようもありません。

1年で2枚のフロント・ガラス。1年半で3セット目のリア・タイヤ。
先が、思いやられます・・・。でも、やめられません、ポルシェだけは・・・。
c0099564_12502781.jpg

by monza190 | 2006-10-30 12:50 | Comments(0)

こうなりたい・・・。

鳥肌・・・。色だけ・・一緒~!
c0099564_2015961.jpg

by monza190 | 2006-10-29 20:15 | 愛しの黄色いカレラ | Comments(0)

GET!

1/32ですが、GET!
c0099564_20125816.jpg

by monza190 | 2006-10-29 20:13 | Comments(0)
今も、これを書いていたら、表でガラスの飛び散る音!
ベランダから、下を覗くと、中学生くらいの茶髪のガキが3人で、テレビを蹴りながら、道路の真ん中を・・・・・。
ベランダから見ている俺の目線は感じているのだろうが・・いっこうにやめる気配なし。

ついに、どなってしまいました「おえ!!こら!!それ、かたずけとけ!!」
「なんじゃ。こら~!」の反撃を期待・いや・・覚悟していましたが、以外にも「はい」・・・・・。

世の親御さん、子供を怒鳴りつけましょうよ(悪い事のみ)。機嫌をとるのは、もうやめよう~!
by monza190 | 2006-10-29 12:02 | Comments(0)

どないなっとんねん!

我ら1/32・CAR・CLUB・CUROUTOのコースがある、六甲アイランド・リバーモールの1F、入り口にコープと、ダイエーがあるんですが・・・。
ここに、いつも大量の自転車がとめてあります。ひどい時ぬは、人が歩いて通れないくらいです。
そんな時は、よこの階段で行くのですが・・・。ってことは~、ここは、ある種「バリア・フリー」の道なんです。
コープ・ダイエーがあるということは、あえて言わせてもらえば、「これ!全員オバハン!!」なんです。しかも、前後にガキを引き連れた、子ずれオバハン!!

人が歩いていても、すさまじい勢いで、フラフラしながら突進してきます。ガキと2~3台のツーリング気分のヤツまでいます。

いつも、ここを通るたび、止めてある自転車をのきなみ「蹴り飛ばしてやろか」そう、思うことも・・・・・。

でッ、ついにその日がきました。
私がいつものように、ここを通っていると、一人のオバアチャンがバギーを押しながら、立ち往生。それにもかかわらず、オバハンが、そのオバアチャンの進路にガキと、ツーリング中の、2台を止めだしました・・・。
それこそ、「信じられナ~イ!!」でッ、私は言ってしまいました・・・。
「こら!オバハン!ここに何と書いてる?おまえ、読んでみ!ましてやクソガキ連れて、2台を・・・おまえ、このオバアチャン、バギーを押して、どことおんねん?」
「おまえ、明日はわが身やど~!」

その時の、まわりで自転車を止めてるオバハン達の視線・・・想像してみてください。
私を見る目は、異様で、「危ない人」扱いです。

これが、日本の将来を背負う「クソガキ」を連れた母親の、あり方でしょうか?
神戸・六甲アイランドは、ハイカラなきれいな街で、みんなきれいな服装で、「おまえ、コープ来るのに、そんなけオーデコロンいらんやろ!!」

そんなおばはんに、何とか解らせる方法はないでしょうか・・・・・。c0099564_11362896.jpg
by monza190 | 2006-10-29 11:36 | Comments(0)

どこに、行こうかな~!

マア、来週には、帰って来るでしょう。
今日も、ドクターから、「タイヤ、きてるで~」
そうなんです、タイヤ4本、おニューにします。P-ZERO・ROSSO。これでグリップも回復。
アイメック・ハイパー・ロム、バージョンアップも明日、COXに届くし・・・・。

まるで、気持ちは「遠足前の、幼稚園児」
c0099564_2225470.jpg

by monza190 | 2006-10-27 22:03 | 愛しの黄色いカレラ | Comments(2)
ポルシェ・センター西宮から、悲しいお知らせ。
『実は、フロントガラスを、パーツ・センターから、取り寄せ今日、お車を、お返しできる予定だったのですが・・・、ガラスにキズがあり、再度、取り直しを、しておりますので、明日には、なんとか~。」
まあ、仕方がないでしょうね。でッ、これで終れば、なんてこと、ないのですが・・・夕方、またまたPSNから、TEL?
「申し訳ありませ~ん!」・・・いやな予感、やはり的中。
「実は、再度、取り直した、ガラスにも、また、キズがありまして・・・・」
ほんで、どないすんねん?
「またまた、実は~なんですが・・・もう、日本にガラスがありません!」
??????「ドイツ本国オーダーで、納期未定です。私どもといたしましても、こんなことは初めてです。」
ほんで~どないすんねん?(だんだん、ガラが悪くなってきます)
「純正でなく、国産でしたら・・・」「しかし、私どもといたしましても・・・ちょっとお勧めできませんし~」
ほんだら!どないするんじゃ!ワレ~!(ワレ~はなかったけどね)
今から、そのキズ・・見に行くから、そこにおれ!

結局、月曜日まで、時間をくれってことで、それでだめなら、そのキズの入ったガラスで、許したろ~!

マア、個人的には、言われなわからんくらいやし、どっちみち、すぐキズなんていくし。

しかし、ポルシェの病院って、素晴らしい!まるで1台1台が、最高のエステ、もしくは外科手術を受けているようで・・、整然とならんだピットはごみ・油なんて全くなく、ピッカピッカ。

「さすが~!」と、妙な関心をして、帰ってまいりました。チャンチャン!c0099564_21343524.jpg
by monza190 | 2006-10-27 21:34 | 愛しの黄色いカレラ | Comments(0)

退屈。

あいつが、入院してもう、1週間がたちました。まだ1週間という人もいますが・・・。
でも、あの感覚を味わってしまった今、それが、そこに無い、それだけで、退屈なんです。
それを、経験されていない方、ごめんなさい~。でも、それが、ポルシェ・カレラ・・なんです。
「あれに、乗らずに死ねるか!」・・・・お勧めします。
c0099564_11161928.jpg

by monza190 | 2006-10-27 11:16 | 愛しの黄色いカレラ | Comments(2)

FROM・HAWAI!

新神戸、お昼の12時・・。やってきました、遠路はるばる!お互い顔も、知らないのに、50mくらいから、ニコニコ・・・。
「ヤア!」って、私は頭を下げた瞬間、大森さんの右手が・・・・。「アッ、そうか~握手なんや~」
日に焼けた、笑顔のステキな・・やっぱし「ナイス・ガイ」でした。
すぐに、車で、ハーバーハイウェイで、六アイに直行。
大森さんは、オアフ島のアラモアナの近くで「本屋さん」を、やっていらっしゃるらしいです。
一緒に昼飯食って、ほんと・・色々、話ました。まさしく、スロット・カーがなければ、ハワイの本屋さんと、お会いするなんて・・ありえない!不思議な、時間の流れでした。

ハワイのスロット・カー事情・・・やはり、日本とは比べ物にならないくらい、おとなのホビーとして「確立」しているみたいで、営業コースは、オアフ島にはなく、それぞれの自宅に「クラブ・コース」が、いくつもあり、それぞれのクラブで、ゆったりと、おとなのホビーとして、楽しんでおられるようです。
70年代、私がガキの頃「アメリカの匂い!!」その物に、ひjかれた、そのまんまの、同じ「匂い」を、感じさせてくれる、大森さん、でした。
持ってこられた、マシンはスロット・イットのC9で、その走りの為の、チュ-ン・アップ、クオリティー・・・まさしく、本物のスロット・カー・・・、ガキの頃見た、あのスロット・カーそのものでした。(これはもう32しか知らない人には、無理)

我がCUROUTOの自称、難コースを、30分ほどで、ほぼ完璧にマスターし、コース・アウトすることもなく、逃げられると「追いつけない!?!?」

おそれいりました・・・。(当然、C9どうしですよ。)但し、彼は、スポンジ・タイヤですが・・・。
これが、せめてもの、「私の名誉の為の言い訳」ですが・・・。

でッ、プラ・コースにスポンジタイヤ、なかなかいけますよ!限りなく24の走行フィーリングに近い感じです。

関空、7時発。アッっというまに、時間が過ぎ、次回はもっと、ゆっくりってことで・・お別れでした。
ちょうど、コースから5分の「神戸ベイ・シェラトン・ホテル」から、関空直行バスがあるので、ターミナルまで、お送りしました。

「飛行機で7時間、いまから大森さんは、ハワイへ・・・」
「その方と、短い時間とはいえ、バトルを、堪能できた・・・」

私の人生、またあるか・・ないかの、ステキな、ひと時でした・・・。

追伸、大森さん、49歳。やはり「少年」のようでした。

遠路はるばる、CUROUTOを訪ねていただき、心より感謝いたします。

神戸・CUROUTO・代表、井上。
by monza190 | 2006-10-26 22:46 | Comments(2)

相棒の黄色いカレラとワンコ&ニャンコの共同生活


by monza190